七宝とは

ロードクロサイト 中華人民共和国広西チワン族自治区梧州市蒼梧県六堡武東鉱山産

七宝 とは

七宝 (シチホウ・シッポウ)とは、仏教用語で七種の宝のことです。
七種 (ナナクサ)の宝七珍(シッチン)とも言うとのこと。

経典による七宝の違い

無量寿経(ムリョウジュキョウ)では・・

  1. 瑠璃(ルリ)→ラピスラズリ
  2. 玻璃(ハリ)→水晶
  3. シャコ→シャコ貝
  4. 珊瑚→サンゴ
  5. 瑪瑙→メノウ

法華経(ホケキョウ・ホッケキョウ)では・・

  1. 瑪瑙→メノウ
  2. 瑠璃(ルリ)→ラピスラズリ
  3. シャコ→シャコ貝
  4. 真珠
  5. マイ瑰(マイカイ)

マイ瑰(マイカイ)とは、調べたのですがいまいちわからず・・
辞書で引くと、

  • バラ科の落葉低木。
  • ハマナスの変種。
  • 中国で観賞用に栽培。
  • 花を薬用にし、また、茶に香りを添えるため入れる。
  • ハマナスの漢名。
  • 中国に産する美石の一つ。

どうやら赤い色の石のようです。
中国の硯の材質で、マイ瑰紅というものを見つけ、写真を見ると赤紫色です。
これなのかしら?
浜茄子の実は赤というかオレンジ色。
花はきれいなピンク・紫色。

インカローズ
インカローズ
(ロードクロサイト)

なんとなく、これかなぁ・・・と思いつつ、確たる証拠がつかめないままです。

七宝にまつわる法話

仏様はそれぞれ浄土を作り、私達をそこへ迎え入れる。
その仏国土(ブッコクド)が七つの宝を合成して作られている。
これを、七宝合成(シチホウゴウジョウ)という。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。