星座石 曜日石

ローズクォーツ rosequartz ブラジル ミナスジェライス

星座石

各星座に割り当てられた石。
さて、どんなルーツがあるのでしょう。
世界最古の占星術は、新バビロニア王朝を築いたカルデア人といわれています。

 星座石
 牡羊座  ルビーブラッドストーン
 牡牛座  エメラルド
 双子座  アレキサンドライトシトリン
 蟹座  真珠ムーンストーン
 獅子座  ダイヤモンドタイガーアイ琥珀
 乙女座  ローズクォーツ・モルガナイト
 天秤座  サファイアペリドット
 蠍座  オパールルビーガーネット
 射手座  トパーズターコイズ
 山羊座  オニキスサファイア
 水瓶座  アメジストラピスラズリ
 魚座  アクアマリン水晶

カルデア人は、天体を観測し、星の動きによって運命が決まると信じていました。
その後、天体の神様などの神話、バビロニア神話が誕生します。
そのバビロニア神話で、各惑星に住む神様が登場します。

惑星別神の名前
土星 アダル 狩猟と農耕の神
太陽 シャマシュ 命と光の神 正義の神
シン 満ち欠けによって命を左右する
火星 ネルガル 死と疫病の神 冥界の王
水星 ネボ 知恵の神 記憶の神
木星 マルドゥク バビロニアの主神 創造の神 天界の統治者
金星 イシュタル 愛と官能と美の女神 豊穣の女神

各惑星が時間と空間を支配すると考え、一周するサイクルが7日となります。
これは星占いの原形にもなりました。
1週間の大元です。
この”曜日”、例えば私は日曜日に生まれたんですが、日曜日生まれの人は太陽に住むシャマシュの守護をうけることになります。
土曜日は農作業をする日・火曜日は病気をもらってはいけないから外出は避けるようにする・・など、実生活の中でも息づいていたようです。

その後、天体を観測している中で動物などの絵を夜空に描き、十二星座が誕生しました。

星座と期間
牡羊座 Aries-アリエス 3/21-4/20
牡牛座 Taurus-トーラス 4/21-5/21
双子座 Gemini-ジェミニ 5/22-6/21
蟹座 Cancer-キャンサー 6/22-7/22
獅子座 Leo-レオ 7/23-8/23
乙女座 Virgo-ヴァーゴ 8/24-9/22
天秤座 Libra-リブラ 9/23-10/23
蠍座 Scorpio-スコーピオ 10/24-11/22
射手座 Sagittarius-サジテリアス 11/23-12/21
山羊座 Capricom-カプリコーン 12/22-1/20
水瓶座 Aquarius-アクエリアス 1/21-2/18
魚座 Pisces-ピーシーズ 2/19-3/20

星占いの12星座です。
これが今日の星占いの基の基!
そしてこの各星座の期間・名称は、当時の実生活と深いつながりがあります。

さらに、先に出た、惑星の影響もつなげて考えられました。

星座の期間と名称と実生活
牡羊座 火星 羊が赤ちゃんを産む。
牡牛座 金星 牝牛が発情期になる。
双子座 水星 結婚しカップルができる。
蟹座 麦の収穫の時期。蟹のハサミは刈り込むときに使う鋏。
獅子座 太陽 ライオン狩り。
乙女座 水星 麦を蒔く時期。乙女が穂を蒔くことから。
天秤座 金星 昼の時間と夜の時間が同じくらい。
蠍座 火星 サソリが出る。
射手座 木星 狩りをする。
山羊座 土星 山羊の頭を捧げて雨乞いをすることから。
水瓶座 土星 雨を水瓶に貯めた。
魚座 雨が川の水を増やし魚が生まれる。

新バビロニア王朝はその後ペルシア帝国に滅ぼされ、ペルシア帝国もアレクサンドロス大王によって征服され、占星術は都アレクサンドリア(エジプト)に場所を移します。
1週間の大元になった七つの惑星”七星”は、ユダヤキリスト教の天使にも置き換えられその後、ギリシアローマに伝わり、ギリシアローマの神話の神に置き換えられ、さらにそれぞれの星座の神話ができていきました。

置き換えられたギリシアローマの神話の神
豊穣の神アルテミス
火星 軍神・炎の神マルス
水星 神々の使者・通信と商売の神ヘルメス
木星 最高神ゼウス
金星 愛と美の女神アフロディーテ
土星 農耕の神クロノス
太陽 音楽と正義の神アポロン

その後、七星にそれぞれの石が割り当てられていきます。
それが星座石の元となる、7つの惑星・七星・1週間の元となった”曜日石”です。
古代、色が重要視され、惑星の色のイメージに合わせて石の選別が行われました。

曜日石

各惑星の基本色と主な石 ~曜日石~
日曜日 太陽 金・透明 ダイヤモンド水晶
月曜日 白・銀 オパール真珠
火曜日 火星 ルビーガーネット
水曜日 水星 トパーズ琥珀
木曜日 木星 紫・黄 アメジストシトリン
金曜日 金星 青・緑 アクアマリンペリドット
土曜日 土星 黒・茶 ブラックダイヤモンド黒真珠

石はあくまでその色の石ということであげましたが、色に該当する宝石をその曜日に持ったり、また生まれた曜日を調べてその曜日の色の石を身につけると良いそうです。
色で選ぶと、手持ちの石から選びやすくなると思いますし、その日の服装も考えて選べますよね。

もうひとつ、星座石の基といわれていることがあります。
”黙示録”に書かれている石は、ギリシア神話と結びつき、星座にそれぞれあてはめ、星座石となったと言われています。

時代により石は変化を遂げ、新しく発見された石・惑星も加え、エレメント別に分類されました。
別の星座でも同じエレメントの石は、サブストーンとなり、とても相性のよい石とされます。
占星術において人間関係にも当てはめられ、相性判断の基準になっているそうです。

 エレメント別星座石
 水の星座
 魚座  海王星  アクアマリン水晶
 蠍座  冥王星  オパールルビーガーネット
 蟹座  月  真珠ムーンストーン
 風の星座
 天秤座  金星  サファイアペリドット
 双子座  水星  アレキサンドライトシトリン
 水瓶座  天王星  アメジストラピスラズリ
 地の星座
 牡牛座  金星  エメラルド
 山羊座  土星  オニキスサファイア
 乙女座  水星  ローズクォーツ・モルガナイト
 火の星座
 獅子座  太陽  ダイヤモンドタイガーアイ琥珀
 牡羊座  火星  ルビーブラッドストーン
 射手座  木星  トパーズターコイズ

星座石は守護石とも呼びます。

人間によって時代と共に作り上げられていくのですね。
きっとこれから先も、どんどん変化していくことだと思います。
一覧表だけ見ると”ふ~ん”としか思わないかもしれませんが、そうなったバックグラウンドを知ると本当に深いなと思います。
人間の想いを背負って、歴史の中に息づく石。
いい勉強になりました。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。