チャクラについて

チャクラ

チャクラとは

サンスクリット語で”車輪”という意味だそうです。

心と体のバランスをとる大切なポイント、それがチャクラです。
このポイント部分は7つあり、それぞれに意味や色が割り当てられています。
その意味や色をガイドに、このポイントをそれぞれ調整し本来の心身の健康状態を取り戻すことができるといわれています。
調整方法はヨガであったり色々ありますが、今回は”石”をメインにお話していきます。
ではまず、7つのチャクラのお話です。
脊髄にそって、7つのチャクラはあります。

第1チャクラ

積極性・行動性・指導性・自主性を表すチャクラです。
いわゆる地に足のついた状態=地球・大地としっかりつながりを持つ場所です。
そのためエネルギーの基点でもあります。

このチャクラが弱くなると・・・

いらいらして怒りっぽくなったり、暴力や性的な問題に発展したりします。
更に進むと生きていることに興味がなくなる状態になり、むなしさ・無気力・自殺願望など、激しい心の変化が起きるといわれています。
生きていく為の基盤となるチャクラです。

対応する石の色

赤・黒・ブラウン・金属の光沢のある石が適しています。

第2チャクラ

創造性や自信、向上心を表すチャクラです。
ある物事に興味を示し、そして自分でやってみるという段階です。
やってみた結果、失敗もあれば成功もある。
結果を恐れず、とにかくトライするポイントであり、人とかかわることや人生が楽しい!と思えるポイントのチャクラです。

このチャクラが弱くなると・・・

周りのことに興味がなく殻に閉じこもってしまった状態になったり、変化を極端に嫌がりいつものパターンに固執したり、人と会うことが嫌になってしまったりします。
劣等感や虚栄心がでて、冷たい対応若しくは傲慢な対応をとってしまいがちです。
このチャクラの場所は恥骨とへその真ん中にあり、いわゆる”丹田”と呼ばれるあたりです。

対応する石の色

オレンジ色の石が適しています。

第3チャクラ

理解・分析・消化・を表すチャクラです。
このチャクラの場所はお腹の部分になりますが、食べ物が体に入りきちんと消化し、必要なものをきちんと見分け吸収する場所です。
食べ物以外でも、日々の出来事の中でこの作業は連日繰り返されます。
命を維持する器官でもあり、”その人らしい”と言われる源になるチャクラです。

このチャクラが弱くなると・・・

ストレスや神経性の消化器系の不調や、必要以上の批判的な考えや頑固さが目立ってきます。
ひどくなると、理由のわからない不安や恐怖となって全てを受け入れなくなってしまうことがあります。
その結果、パニックになったり、ノイローゼ気味になることもあります。

対応する石の色

黄色・ゴールド色の石が適しています。

第4チャクラ

安定・寛容・包容を表すチャクラです。
このチャクラは真ん中の位置、胸の真ん中に位置しますがバランスということに強く関わります。
心のバランス・体のバランス・人間関係のバランスなどなど・・・
優しさ・思いやり・慈悲深さ・・・
このチャクラが源となります。

このチャクラが弱くなると・・・

自己嫌悪や妬み・嫉妬や傲慢さが出てきます。
普段は同じ事を言われてもなんでもないようなことでも、妙に気になり引っかかってしまい、自分を必要以上に責めたりまた逆に、考えすぎてひどい妄想にとらわれたりしてしまいます。
そんなときは石でチャクラを活性化するのもよし、また、胸を開いて深呼吸し心も体も開放させてあげてみてください。
このチャクラを表す色は緑色。
成長・癒しを表す色です。
緑の中に足を運んでみるのもよいと思います。

対応する石の色

緑色・ピンク色の石が適しています。

第5チャクラ

コミュニケーションと、その人個人の創造性を表すチャクラです。
コミュニケーションとは具体的に、交流や理解することなどを表します。
そして創造性を表すとは、言葉・文章だけではなく絵などの芸術的な表現も含みます。
人は、何かを伝えそれを理解してもらえると喜びを感じます。
その喜びの源とのなるチャクラです。

このチャクラが弱くなると・・・

孤独感や憂鬱さが出てきます。
トータル的に人とのつながりを遮断しがちになります。
必要以上のプレッシャーを感じたり、妙に守りに入ったりします。
自分の気持ちをうまく伝えられなくなり、また伝えようとも思わなくなり、自分の気持ちをクローズしてしまいがちになります。

対応する石の色

水色の石が適しています。

第6チャクラ

直感を表すチャクラです。
いわゆる第六感といわれますが、霊感や目に見えないものを感じ取るチャクラでもあります。
またこのチャクラが活性化していると、日常の人付き合いでも察しがいい・相手の善意や悪意を言葉や態度ではなくピンと感じ取る事ができます。
相手の本心を感じ取れるチャクラです。
また、目に見えないものが見えることもあります。
さらに先を見通す力にも優れます。

このチャクラが弱くなると・・・

いわゆる頑固な状態になります。
目に見えないもの・・
人の気持ちや優しさに気づけなくなり、自分の経験や考えだけが正しいと思い込み、新しい考えなどを認めることができなくなります。
また逆に、迷信を心から信じ込みそれしか見えなくなります。
世の中にはたくさんの人がいてその人の数だけ考え方があると思いますが、自分にはなかった考えを認めることができなくなります。
知らないことが恐怖につながります。
そこからストレスへとつながり、このチャクラが弱くなっている方は特にストレスを感じやすくなります。
このチャクラはよく活性化している状態の方は少ないと言われています。
このチャクラの場所は、眉間にあります。
頭の中の松果体と関連があり、一日の体内サイクル・バイオリズムを担っています。
光を感知し、メラトニンというホルモンで、目覚めと睡眠に深く関わっています。

対応する石の色

深い青若しくは紫色の石です。

第7チャクラ

全てを統合し、ひとつにするチャクラです。
感情・身体・精神全てを統合します。
”生かされている”現実を認識させ、すべての物・事柄と結びついていると認識します。
人は生まれそして死ぬ。
その”生かされている”間、地球の気候の恩恵を受け食事をし、またその地球の存在する環境。
宇宙の存在も必要不可欠です。
そうして考えていくと、この場所に自分が今立っているという事が、ミラクルに思えてきますよね。
そうした広い視野を持ち、すべてを統合するチャクラです。
そして癒し・浄化のチャクラでもあります。

このチャクラが弱くなると・・・

強迫観念が強くなる傾向があります。
強迫観念とは、本人が意図することなく不安感や不快感に襲われること。
例えば外出時”鍵、閉めてきたっけ?”と確認したりすることも強迫観念です。
誰でもあれ?鍵かけたっけ?となりますが、その確認回数も少なく、さほど気にならない程度であれば問題はないのですが、度をこしてひどくなってくると引きこもりの原因になります。
また、見下したような態度をとりがちになり孤独感が強まり、うつ状態になりがちになります。
このチャクラの場所は、頭頂にあります。

対応する石の色

白色・透明色です。
どのチャクラにも合う水晶ですが、この第7チャクラはベストです。

チャクラ活性方法~クリスタルヒーリング~

予想していなかった事態に辛い思いをすることは誰でもあると思います。
悲しみにパニックなった心に現実を受け入れられるまでの時間は辛いものですが、自分としっかり向き合うきっかけとなるといいなと思います。

やり方

寝る前の少しの時間、仰向けになって手のひらを天井に向け、足も肩幅ほど広げ、それぞれのチャクラの場所にそれぞれの対応する石を置き、ゆっくりリラックスしてみてください。
背中には当然のせられませんので、石を置くのは全てのチャクラでそうですが体の前側になります。
第一チャクラの場所は、石をのせるにもどうにも乗せられない場所なので、太ももの間若しくは手で石を持ってその部分に手を置くとよいと思います。
そしてゆっくり呼吸します。
体の隅々まで行き渡るよう、ゆっくり深く呼吸して下さい。
その石の色をイメージし、その色が体の中に入りその色で満たされるようなイメージをしてみてください。
若しくは具体的になりたい自分があるのなら、その自分を思い浮かべてください。
この作業は2~3回、繰り返し行ってみてください。

使用する石の選び方

さてここで。
それぞれのチャクラに別々の石。
興味を持ったけれど、石をそんなにそろえなければいけないの?と思うと思います。
全てのチャクラに対応とされているのは水晶です。
初めての方は、気に入った水晶を購入してみてはいかがでしょうか?
大きなもの小さなもの、安価なもの高価なもの。
色々ありますが、石の選び方は、私は見て気に入った石を選びます。
2~300円のタンブルでも、気に入ればいいと思います。
高額なお金を払って大きな石を手に入れたからと言って、効果が大きくなるか?
そんなことはない。
手持ちのもので対応する色の石があればそれで十分だと思います。

終わりに

心と体を元気にさせる方法は沢山あると思います。
アロマや音楽・映画もそうですね。
またスポーツや読書もそうです。
人によって元気になる方法はいろいろだと思いますが、沢山の中の一つとして、石を使ったものもあるということを心の片隅にでも覚えておいていただければなと思います。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。