ビビアナイト vivianite

ビビアナイト vivianite Bolivia,Potosi,Tomokoni鉱山

ちょっと不思議な石。

採掘ほやほやの時は無色透明ですが、空気に触れると酸化(サビる)して藍色に変化します。
無色透明な状態、いつか見てみたいものです。
写真の茶色い部分は褐鉄鉱(リモナイト)
酸化が進んでいくと、へき開に沿ってペリペリ剥がれて、非晶質(非晶質→結晶のような規則正しい構造をもたないもの)となってしまうそうです。
光の通る角度を少しだけ動かすと、雲母のように薄い薄い板が何層にも重なっているような質感です。
マッドな濃い灰色に変化した(サビた)写真を見たことがあります。

保管について

保管が難しく、遮光して保管をしています。
乾燥剤もコレクションボード全体に日本の気候上の湿気対策に入れています。
ビビアナイトはその大きめのコレクションボードの一角に紙箱に入れて保管しています。

ビビアナイト 藍銅鉱 とは

和名 藍鉄鉱
石の名前の由来は、鉱物学者J・G・ビビアンにちなんで名付けられたそうです。

硬度は2。
爪で傷がつく柔らかさです。
炎や塩酸で溶ける性質があります。
とても脆い石です。

この石の化学式はFe32+(PO4)2・8H2O
Feは鉄→サビる原因はこれですね。
P→リン
H2O→水
リン酸塩鉱物です。

産出地と産状

ビビアナイトができる場所は、金属を含む鉱脈の中や、粘土岩・堆積岩の中などいろいろな場所でできます。
P→リンと書きましたが、貝殻・骨にも豊富に含まれる元素ですね。
動物の骨・貝殻・木の葉などがビビアナイトに置き換わったものが発見されています。
オパール・黄鉄鉱などもビビアナイトと同じで、化石の成分を置換して作られる鉱物です。
日本でもビビアナイトはあり、足尾鉱山が有名です。

ビビアナイトの意味 いわれ

意味合いとしては、洞察力UP!抜群だそうです。
自身の心の中も外的に起こった出来事も、鋭い洞察力をもってポジティブに収まるところへ導くのだそうです。
もともと無色透明なものが空気に触れて色づく石。
色がつこうとも、そもそもの姿に気づかせてくれる石なのかもしれません。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。