スギライト Sugilite

スギライト sugilite

スギライトの意味 いわれ

ストレスに効く石の代表的な石といわれます。
トラウマやショックによる精神的な落ち込みを和らげ、絶望の中でも、最後まで愛を持つことをサポートしてくれる石。
癒しパワーは絶大と言われています。
”今世紀中に発見された鉱物の中でも1・2を競う癒す力のある石”とのこと。
欧米で、「がんやエイズに効く」と言われたこともあるそうです。

謙遜を教え、調和を導き、疑う心を取り除き、満足感と自制心を与える石だそうです。
また、生まれてきたからには、何か理由があって生まれてきた。
生まれかわって自分がしたかった事や成し遂げたかった事、学ばなければいけない事は何か?
そういう部分に気付かせてくれる石でもあるそうです。

世界三大ヒーリングストーンと呼ばれている石があり、
・ラリマー
・チャロアイト
・スギライト
の3つです。
この中でスギライトは、守る力が一番強いといわれています。
周りやその場所からのあまり良くない想念やエネルギーから保護作用があるとのこと。
人とたくさん会うお仕事の方などが持つとよいそうです。

スギライトとは

この鉱物は現在から逆算しますと認定されてから30年ほど前に新鉱物と認定され、申請者は日本人です。
岩石学者村上允英
石の名前に申請者のお名前の名残がなくあれ?と思いましたが、この村上允英のお師匠さんの名前が”杉健一”。
このお師匠さんの名前にちなんで名付けたとのことです。
私自身も写真でしか拝見したことがないのですが、日本でそもそも発見された杉石は、”鶯色”。
紫とは程遠いイメージです。

拝見した感じですと、うぐいす餡をイメージする色合いで、原産地は愛媛県越智郡上島町岩城船越(旧岩城村)です。

南アフリカからスギライトが産出することは、この認定の後に分かり、色はマンガンによって赤紫色。
イメージ的に紫→スギライトな感じですが、この日本が絡んでいることも知っていただきたく書いてみました。

今の流通のメインは南アフリカ産のものです。
また、”スジライト”という名前で、アメリカにて人気が高いそうです。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。