閃亜鉛鉱 sphalerite

閃亜鉛鉱 スファレライト Las Manforas Aliva Cantabria, Spain

手元で見るとほんとにべっ甲。
べっ甲というか、琥珀というか。
しっとりとした落ち着きがあります。

閃亜鉛鉱とは

鉄閃亜鉛鉱
鉄分が多く不透明でまっ黒なタイプのもの。
べっこう亜鉛
鉄分が少なく透明で黄色褐色、緑色や白っぽいものもある。
sphalerite 閃亜鉛鉱
sphalerite 閃亜鉛鉱 青森県碇ヶ関産
亜鉛とは

元素記号 Zn
トタンにメッキをしたり、真鍮などの合金に使用されます。
また、人体にとっては必須微量元素の一つでなくてはならないものです。
味覚を正常にする働きなどがあり、不足すると免疫力低下をまねきます。
牡蠣やチーズ、大豆に含まれています。
亜鉛不足はお肌に良くないそうです。

産出地 産状

産地ですが写真のスペイン・イタリア・ルーマニア・イギリス・ベルギー・ポーランド・アメリカ・ロシア等。
そして日本。

  • 秋田県佐山鉱山
  • 宮城県細倉鉱山
  • 岐阜県神岡鉱山
  • 埼玉県秩父鉱山

等、日本で目撃率は非常に高いです。

産出される場所は熱水鉱脈がメインです。方鉛鉱(ガレナ)・苦灰石(ドロマイト)とともに産することが多く、また、同じ化学組成で違う結晶系(原子の構造が違う)の鉱物でウルツ鉱という鉱物があります。
ウルツ鉱という鉱物は六方晶系・閃亜鉛鉱は等軸晶系
閃亜鉛鉱の同質異像にあたる鉱物です。
見た目の形がウルツ鉱でも中身は閃亜鉛鉱に変化していたりする場合が多く(仮晶もしくは仮像※)、産出量はあまり多くありません。

※同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。
※仮晶とは、とある鉱物が結晶した形を残したまま、中身が別の鉱物に置き換わってしまうこと。

この場合、同質異像(多形)である閃亜鉛鉱とウルツ鉱が、環境的要因(圧・温度等)によって入れ替わるということです。

キラキラの源 屈折率と分散率

べっこう亜鉛はルースコレクターに絶大な人気があります。
しかし、一般的な認知度はとても低いです。
閃亜鉛鉱の硬度は3.5~4で柔らかく、へき開は斜めに完全。
柔らかいですが、宝石としてカットされます。
彩りがとても綺麗で、キラキラです。

キラキラさを見るには、屈折率と分散率。

光が透明・半透明な鉱物に入ったとき、光の速度と方向が変化することを屈折率といいます。
屈折率は入っていく光の角度と曲がった後の光の角度の比で表されます。
屈折率が高ければ高いほど鉱物はきらきらと輝き、ダイヤモンドの屈折率は、2.42。
ルビーやサファイアは1.76~1.77、水晶は1.54~1.55です。
値が高ければ高いほど屈折率は高く、きらきら度は増します。
閃亜鉛鉱の屈折率は2.36~2.37!
ダイヤモンドの屈折率と張り合える値です。

そして分散率
白色光が通ると、その光は7色の各色(赤橙黄緑青藍紫)によって屈折率が変わり、虹色の光になることを分散といいます。
宝石の分散率は、赤と紫の屈折率の差で表されるそうで、値が大きければ大きいほどキラキラするということになります。
ファイアもしくはディスパージョンとも言います。)
ダイヤモンドの分散率は0.044、閃亜鉛鉱の分散率はなんと0.156!
ギラギラですね。

注意点

注意事項としては、陽の光にずっと当てているとキラキラがなくなってくるそうです。
硬度を先に述べましたが、かなり脆いため取り扱いには注意です。

色別の呼び名 ルビージンク・ルビーブレンド ブラックジャック

ちなみに、赤褐色の透明な結晶はルビージンク・ルビーブレンドともいわれ、黄色褐色のものはハニーブレンド、真っ黒不透明のものは、ブラックジャックとも言うそうです。

クライオフェン-Cleiophane

Cleiophane/クライオフェンという鉱物がありますが、これは閃亜鉛鉱に含まれる副成分である鉄分・マンガンなどが少ない純粋な閃亜鉛鉱のことを言うとのこと。
透明度が高く、更にもましてキラキラです。
ブルガリア産の物を良く見かけます。
クレオフェーンという表記も見かけますが、間違いだそうです。

スファレライトの意味 いわれ

意味合いとしては資料が少ないのですが・・。
儀式で使われていた石だそうで、周りの状況に敏感になる傾向があるようです。
中立的な立場でバランスを取ってやって行くことを促す石だそう。

別名 ジンクブレンド 手こずった!?

閃亜鉛鉱の別名で、ジンクブレンド(zinc blende)もしくはブレンド(blende)と呼ばれますが・・・
zinc→亜鉛のこと。
blende→閃亜鉛鉱のことと、もう一つ、blend→ブレンドコーヒーと同じ、まぜる!?
これ、両方のスペルを目撃します。

sphalerite (スファレライト)という名前が、ギリシャ語で”人を欺く””ごまかし”を表す”sphaleros・スファレロス”からの命名だそうです。
これは、一緒に産出される鉱物と見分けが付きにくいことから付けられた名前だそうです。
“blend”という単語に”欺く・騙す”の意味を書いてある書籍もあります。

しかし私的に一番納得できたのは、ドイツ語由来のblende説。
亜鉛を精錬しようとしたときになかなか精錬できない→”見えない”という語源だそうです。
更にzincはドイツ語で”Zinke”(尖った先)という説もあり、シャーレンブレンド”Schalenblende”(叩くと音のする岩石で閃亜鉛鉱を含む。)は、やはりドイツ語で”響く鉱石”という意味との記載をあわせて考えると・・・

見えない→亜鉛ってほんとにこの閃亜鉛鉱から精錬できるの?もう・・騙してない?という感じでつながったのかもしれません。(あくまで個人的な意見です。)
トドメはやはり、”閃亜鉛鉱から亜鉛単体を得る方法を見つけたのは、1746年ドイツのマルクグラフ”とのことからです。

これ、実はかなり時間がかかって調べました。
本によって、またサイトによってかなり偏っていました。
パワスト系の本やサイトは”blend”→”欺く・混乱させる・混ぜる”とありました。
しかし、スペル表記がある場合は”blend”となっており、また表記のないものはカタカナで”ブレンド”と書かれていて、何語なのか?はどこにも触れていませんでした。
更に、鉱物関連の本で”blende”→”まじる”と書かれているものもありました。
今となっては遠い昔の話。
何が真実か判ることは難しいですが、こういうふうに想像することはとても楽しいなと思うのは私だけなのでしょうか?

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。