スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian

shop Tender time スノーフレークオブシディアンタンブル

マグマが地表に出てきて急激に冷えてガラスのように固まった石をオブシディアン(黒曜石)といいます。

その中で、白い模様が入っている物をスノーフレークオブシディアンといいます。
この白い部分はクリストバライトです。

スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian
スノーフレークオブシディアン Snowflake Obsidian

クリストバライトはクリストバル石・方珪石とも言います。
IARC発がん性リスク一覧を見ていただくと、このクリストバライトがいます。
group1 石英結晶 (Silica, crystalline)  備考cristobalite粉塵の吸引
この場合のクリストバライトは書いてある通り、粉塵とあります。
お仕事の内容によっては身近に感じられる方もいると思います。

そしてこのクリストバライトは石英の多形。
※同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なるもの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。

スノーフレークオブシディアンの意味 いわれ

意味合いとしては、自分でも理由のわからない恐怖や不安とを直視させ、理性的に考えさせ、理由をはっきりさせる事で次への勇気をくれる石。
結果的に、現実への対応力を高めてくれます。
不安や恐怖を軽減させ、ポジティブな考え方にしてくれます。
また、他者の感情に振り回されない石で、自分が自分でいられる石です。
利用されたり、流されてしまう事から守ってくれる石です。
外部からの念や気に対し、見えないスクリーンがおりたかのようにシャットアウトします。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。