オニキス Onyx

オニキス onyx

オニキスとアゲート

水晶ファミリーの一員で、半透明の縞模様がある石を アゲート と呼びます。
日本では縞模様があるかないかに関わらず、メノウ・瑪瑙としています。
石英の小さな結晶が集まって塊になっているものです。
参考 アゲート

オニキスの意味 いわれ

とても大きなストレスがかかった時に効果を発揮する石です。
不安や恐怖を軽減させます。
この石のキーワードは”強い意志”
過去、邪念や欲望を抑えるために使用されていました。
この石の邪念とは、誰かから受ける邪念ではなく、自分の中に生まれてくる邪念を抑えてくれます。
そして自分がどうあるべきか、意志を再確認し、結果的に地に足のついた行動をとれるように導いてくれる石です。

オニキスはよく数珠で使われますよね。
私も持っています。
歴史的にいろいろな解釈をされていたらしく、国や地方によって解釈がさまざま。
なので、いわれを調べるとかなりたくさん出てきます。
その時代によって、魔よけであったり、悪魔が住んでいると言われたり・・
今では悪魔が住むと言われることはありませんよ。

名前の由来は、ギリシャ語の”爪”という意味。

”オニキス”という言葉の使われ方も変化しています。
オニキスは、アゲート(瑪瑙)の仲間ですが最初はバンデッドアゲート(色の違うアゲートが縞模様に重なっているもの)を表し、その後、黒と白の灰色のような縞模様のものもさすようになり、サードオニキスやブラックオニキスにも広がっていきました。
サードオニキスの赤と白のアゲートは恋人の石だそうで、恋をとり持つそうです。
ちなみに、サードオニキスに限らずオニキスをネックレスにして身につけていると、浮気防止になるそうです。

オニキスの注意事項

日光や水は避けて下さい。
退色の可能性があります。
熱にも弱く、皮脂・汗によって曇りやすいのでからぶきしてください。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。