ロードクロサイト Rhodochrosite

incarose ロードクロサイト

ロードクロサイトとは

和名 菱マンガン鉱
近年、武東鉱山でかなりの量のこの石が見つかったとの事。
安価で手にできます。

産出地

この石の産地は、アメリカコロラド州のスィートホーム鉱山を筆頭に、ルーマニア・メキシコ・ロシア・アルゼンチン・南アフリカ・そして日本。
日本では、北海道稲倉石鉱山・秋田県尾去沢鉱山等で産出されます。

名前の由来

インカローズ
インカローズ
(ロードクロサイト)

インカローズ/Inca roseという別名。
この名前はこの石が産出される場所が、かつてのインカ帝国であったことから命名されたそうです。
この石を世界で最も古くから採掘されている鉱山があるのは、アルゼンチンサンルイス州。
厳密には、ここから採掘される下の写真のように縞模様が現れたものを”インカローズ”と呼ぶと言われる方もいらっしゃいます。

”ロジンカ”(Rosinca)も、この石の別名。
この意味は”バラ色の人生”という意味だそうで、まさしく写真のような模様の入ったこの石を基にした命名です。
また、”パッションローズ”とも言われ、恋愛と結婚によい石として人気です。
”ピンク色の薔薇模様を呈した真珠”とインカの人々に呼ばれ大切にされたと言われています。

そして、ロードクロサイト(Rhodochrosite)は英名で、ギリシア語の”rhode”=薔薇・”chrom”=色という意味合いからの命名です。
宝石として扱われているこの石は、透明感のある石です。

産状

成因については、地下にある熱水が割れ目や隙間に入りこむ事(熱水鉱脈中)にできるほか、降り積もったマンガン鉱床が水や空気と反応して別の種類になって(二次鉱物)できたり、マグマの熱で変成作用が起こり変化した鉱床にできます。

産出時の形状は、菱型・塊・犬牙状のほかに、ブドウ状や鍾乳状のものもあります。

また、ロードナイトと見た目が似ていますが、採取時の判断には希塩酸を用いて発砲しながら溶ければこの菱マンガン鉱です。

マンガンとは

原子番号 25 。
元素記号はMn。
ロードナイトと共にマンガン鉱物(マンガンを採取する為に採掘される鉱物のこと。)で、マンガン乾電池にロードクロサイトとともに使われています。
輪切りにするとカーネーション、層状の原石を研磨すると薔薇。
素敵な模様です。

基礎データ

化学組成 炭酸塩鉱物 MnCO3
ピンク 褐色 灰色
条痕 白色
結晶系 六方晶系/三方晶系
へき開 菱面体に完全
硬度 3.5~4
比重 3.6

ロードクロサイトの意味 いわれ

悲しい出来事や苦しい出来事が心の傷となって残ってしまった時、心を解放してくれる石です。
傷を癒してくれるそうです。
心の傷は拒否感や嫌悪感、もしくは感情を閉じこめてしまうという苦しい日々につながってしまいがちです。
傷ときちんと向き合わせ、苦しさや悲しさとあるがままに対面し、深い理解をもたらし、またそこから経験という貴重な学びを気づかせてくれる石です。
思いやりと無償の愛の石。
結果的に肉体・精神・感情のバランスをとり統合する力を持ちます。
そして、即効性の強い石です。

積極性が出て、自分の感情を素直に出すことを促し、人生が楽しくなるようにしてくれる石です。
その結果、自身の魅力もUPし素敵な愛がやってきます。
情熱的にしてくれる石ですが、情熱といえばルビーが代表。
そのルビーよりも力が強いといわれているそうです。

保管の注意点

湿度の高い場所へ置いておくと、黒ずみが出るものがあるそうです。
”ものがある”という情報だけで、確たる理由は解らないのですが。
”外殻を生じるものがある”と本には書いてあります。
標本などを保管する際には、乾燥剤等の利用も一考の価値があるやもしれませんね。
また日光にあまり当てるのも退色の危険性があるそうですので、長時間の日光浴は避けてください。
硬度が低いので取り扱いには十分注意が必要です。

追記
ツイッターにて教えていただきました。
ここ最近(2014年1月)中国産のこの石、お値段が上がっているそうです。
写真の石は出始めに安価にて手に入れたものです。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。