ダイヤモンド Diamond

diamond ダイヤモンド

ダイヤモンドとは

宝石の中の不動のNo1 Diamond。
誰もがその目を輝かせる石ですね。

産出したダイヤモンドの中で宝石となるのは10~20%という話を聞いたことがあります。
因みに100トンの母岩から取れるダイヤモンドの原石は平均で28ct程とのことで、人の手が加わったダイヤモンドは、世界中のダイヤモンドを集めても2階建てバス1台におさまってしまう量だということです。

鉛筆とダイヤモンド

このDiamondの化学組成は”炭素(C)”
他の石と比べ、これでもかのシンプルさ。
身近なところで例を挙げると”石墨”若しくは”黒鉛”。
鉛筆の芯に使われていますね。
黒鉛→鉛の文字がありますが、鉛はありません。
石墨は柔らかい物質で、硬度は1~2、一方ダイヤモンドは地球上のすべての鉱物の中でNo1の硬度10。
しかし化学組成はダイヤモンドと同じ”炭素(C)”

何が違うの?というと、結晶の構造。
簡単に言うと、ダイヤモンドは3次元的に手をつないでいる構造で、石墨は二次元的にふんわり手をつないでいる構造。
原子の並び方が決定的な違いとなっています。

注意点

注意しなければいけない事は、硬度とはあくまでひっかいた時のもの。
硬度10だからといって、壊れにくいということではありません。
ダイヤモンドでも、ハンマーでたたけば簡単に粉々になります。
つまり、何かに強くぶつけてしまったりすればスパッと割れるので気をつけてください。
一定方向の強い衝撃には要注意です。
油脂がつき易いので、中性洗剤で洗ってください。

産出地 産状 形

ダイヤモンドは風化しない為、川や海に堆積した砂礫から見つかっていましたが、現在では”ダイヤモンド鉱山”、キンバーライト(キンバリー岩/雲母橄欖岩)中から採掘されています。
このキンバーライトは、地下深い場所(140㎞以上)で火山が噴火したとき、他の岩石の中にパイプ状に貫入したものです。
ものすごい高温であり、尚且つ高圧の中でダイヤモンドは産まれます。

その形は原石の場合、8面体(ピラミッドが2つ底の部分でくっついた形)が一般的ですが、双晶等の形で産出されることもあります。
ぴしっとした形ではなく、8面体が全体にふっくら膨らんだような形がよく見られます。

産地は南アフリカを筆頭に、ナミビア・ボツワナ・タンザニア・アンゴラ等のアフリカ諸国、オーストラリア・ロシア・ブラジル等が挙げられます。

基礎データ

化学組成 元素鉱物 C
無・白色・青色・茶色・緑色・灰色・ピンク色など(一部蛍光性を示すものがあり)
条痕 白色
結晶系 等軸晶系
へき開 完全
硬度 10
比重 3.5
diamond ダイヤモンド
diamond ダイヤモンド

ダイヤモンドの4C

ここでカラットという言葉が出てきましたが、”ダイヤモンドの4C”と言われているものがあります。
個々のダイヤモンドの稀少性を評価する基準となるものです。

4とは、

  1. ”carat(ct)” カラット
  2. ”clarity” クラリティー
  3. ”color” カラー
  4. ”cut” カット

頭文字が全てCなので4Cと呼ばれています。

”carat(ct)” カラット
宝石の重さを表す単位。
1カラット=0.2gです。
”clarity” クラリティー
ダイヤモンドの透明度。
10倍率のルーペで見て、キズ・内包物等、総合的に判断されます。
FL (フローレス)無傷
IF 内包物はなし。しかし外部に微細な研磨痕などが見られるもの
VVS1~2 ルーペで見てもなかなか見つけにくいとても小さな傷あり。
VS1~2 肉眼では見えないが、ルーペで確認できる小さな傷あり。
SI1~2 肉眼では見えにくいがルーペで見るとすぐに確認できる傷あり。
I1~3 肉眼でも傷が確認できる。
”color” カラー
ダイヤモンドは無色透明に近ければ近いほど価値があるとされています。
黄色味~無色透明まで23段階に分かれています。
Dカラーが無色透明・Zカラーが黄色となります。
D~F 無色透明
G~J ほとんど無色
K~M わずかに黄色み
N~S 非常に薄い黄色
T~Z 黄色
ただし、ブルーやピンクやオレンジ等の天然のファンシーカラーのものは希少性が高い為別評価となります。
”cut” カット
カットの成熟度の評価です。
4Cの中で唯一このカットが人間が関わる事のできる事です。
左右が対称であり、研磨の具合とそして何よりプロポーションの良し悪しが評価されます。
EXCELLENT 最上
VERY GOOD とても良い
GOOD 良
FAIR まあまあ
POOR 残念

ダイヤモンドの意味 いわれ

ギリシャ語で”決して屈しない”という意味の”adamas” が名前の由来です。
その硬さからか輝きからか・・
この言葉の意味は、まさしくぴったり。
日本でダイヤモンドを”金剛石”といいますが、インド古代語のサンスクリット語でダイヤモンドの事を”抜折羅(=バサラ)”と呼び、経典を中国語に訳す時に”金剛石”となったそうです。

カリナン

南アフリカ カリナン鉱山で発見された巨大なダイヤモンド原石で、3106ct=621.2g! この巨大な原石をカットした技師はアッシャー。
それはそれはすごいプレッシャーの中、へき開を見つけるために黙々と作業していました。
へき開とは、その場所を突けばパリンと割れる一点のこと。
地球上でもっとも硬いとされるダイヤモンドも、へき開というものが存在するためにぶつけたりすればパリンと砕けて割れます。
さてアッシャーさん、その場所を見つけ、そして、綺麗にぱかっ!と割れました。
あまりのことにアッシャーさん、気絶してしまったとの事・・・

その割れた”カリナン” は、カリナンI世~IX世として9つの大きな石と96個の小さな石にカットされました。
その中で一番大きな石”カリナンI世”は”アフリカの星”といわれ、530.2ct. イギリス王室の王笏を飾っています。
現在、ロンドン塔で展示されてます。

ホープダイヤモンド
hopediamond ホープダイヤモンド この画像は持ち帰り厳禁です。
hopediamond ホープダイヤモンド この画像は持ち帰り厳禁です。

ワシントンのスミソニアン博物館にある”ホープダイヤモンド”。
所有者が次々と不幸になったという、青いダイヤモンドです。

ルイ十四世が最初の持ち主であるこのダイヤ。
大の宝石好きであったルイ十四世は臣下をインドのムガール帝国に行かせ、持ち帰った中にこのダイヤがありました。
特別にこのダイヤが気に入ったルイ十四世は、”フランスの王の青”と名前をつけて大切にしました。
ルイ十四世といえば”太陽王”と言われた王。
ブルボン朝最盛期の時代を生きた王です。
この王は天然痘で最期を迎えますが、このダイヤは次々と受け継がれていきました。

そして、ルイ十六世が受け継ぎ、そのお妃は、マリー・アントワネット
この方もこのダイヤモンドがお気に入りだったそうです。
その後フランス革命の中、この石は盗難にあい、行方知れずとなってしまいます。

またしばらくして、とある男がその石を売却目的で宝石商に持ち込みます。
しかし、持ち込んだ宝石商はその石の価値がわからず、驚くほどの低価格で買い取ります。
買い取った石を銀行家のホープ氏に見せるととても気に入り、高額で買い取られました。
そして買い取った石を、1851年のロンドン万博にホープ氏が出品したことから、この石が”フランスの王の青”と判明しました。
そしてこの石は”ホープダイヤモンド”と呼ばれるようになりました。

この後の不幸の連鎖はものすごい。

当主であるホープ氏がなくなった後、ホープ家は破産。
この石を持っているものは不幸になるとの噂があったため、この石を売却。
そして買い取った人もまた宝石商に売却。
するとその宝石商も破産。

その後ロシア貴族である公爵が買い取りましたが、情婦と熱をあげた踊り子との板挟みとなり、踊り子は情婦に殺害され当の公爵も謎の死。
宝石仲買人へ石は売却され、今度はパリの競売にかけられ、落札したのはトルコのスルタン(王)。
しかし、この王の妻と家族と宝石商は自動車事故で死亡。
落札した本人は軍の反乱に合いパリへ亡命。
亡命の際、幾つかの宝石を持ち出しましたが、その中にこのホープダイヤモンドがありました。
しかしまたしても盗難にあいます。

その後・・
とある店でひょっこり現れたこのダイヤ。
買い取ったのは新婚旅行中に立ち寄ったアメリカ人の大富豪マクリーン夫人。
(”マクリーンダイヤモンド”の所持者でもあり、有名宝石を幾つも所持していたことで有名です。)
立ち寄った時、このホープダイヤモンドと一緒に盗難にあったとされる”スター・オブ・イースト”を購入しました。
その時点でホープダイヤモンドも見たのですが、デザインが気に入らなかったことと、”スター・オブ・イースト”を購入してしまったことで現金の持ち合わせがなく諦めることに。
が、その後店主はデザインをかえてマクリーン夫人へ届けました。
そしてマクリーン夫人はこの石を購入。
しかしその後。
息子は自動車事故で死亡。
娘は睡眠薬の飲み過ぎの為に死亡。
夫は心の病を患い、死亡。
マクレーン夫人本人は、このホープダイヤモンドがとても気に入っていて身につけていたそうです。

そして夫人が亡くなった後、アメリカの宝石商ハリー・ウィストンがマクリーン夫人の持ち物をまとめて買い取ります。
その中に、ホープダイヤモンドが・・・
ホープダイアモンドは、ワシントンのスミソニアン博物館に寄贈され、不幸伝説は終りを迎えました。

ここまですごい内容だと、所持は絶対にしたくない!
いっくらすごい財産となっても、確実に売り払うと思うな(^^;

ダイヤモンドの意味 いわれ

他の石と一緒にすると、その石の力を増大させるといわれます。
富の象徴であり、めげない・粘る力をくれ、勝ちにいく石です。
夫から妻への愛情を高めると言われ、その硬さから”永遠の絆”という宝石言葉を持ちます。
ダイヤモンドは、”心の正しい人”が所有しなければ、マイナスの力が作用するという話が多く逸話として残っています。
そして、正しい人が持った場合、全ての災難から身を守ってくれるといわれています。
ミャンマーでは、ダイヤモンドと毒である砒素が同一語として”チェイン”と呼ばれていたそうです。

権力を誇示したいと思って手に入れたりすると、手痛い思いをする宝石。
心を正しく。
常に心したいです。
世の女性で、持たれている方も多いであろうダイヤモンド。
いつも見方につけておきたいですね。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

2件のコメント

  1. 怒涛の更新だねぇ・・・。
    すごい!

    えっ そっ そんなに不幸に・・・。
    高額のダイヤを買えるってすごいけど・・・・。
    お金持ちって それだけ いろいろな人から恨まれてるとか ねたまれてるとかあるのかもねぇ・・・。

    私ね 実はプリザーブドフラワーの資格取れたら 天然石とのコラボしたいんだ。
    ネット販売に プリザーブドフラワーは いろいろあるけど・・・。
    好きな色の花と 願いを込めた天然石とコラボさせて 世界に一つしかない
    見てるだけで幸せになれるような作品。

    数は なかなかこなせないだろうけど・・・。
    丁寧に真心こめて作りたいなぁと・・・

    今の私の夢なんだけど・・・。
    実はkanaさんの影響かなり大きいです!
    kanaさんの物事に対する姿勢。
    私も 負けないでちゃんと生きなきゃって思うんだ!!

    いつもありがとぉ~

    1. あんさんへ
      遅くなってしまってごめんなさい!
      過去記事のupを黙々とやっている段階です(笑)

      プリザーブドと天然石コラボは私の知り合いもやっていますよ(^^)
      ネット販売していて、私もいくつか購入しました。
      とってもかわいいです(^^)
      (全て友人などへのプレゼントで手元にないんだけど^^;)
      もらった方はみんな喜んでいました。
      あんさんならではの素敵な作品が作れるといいですね!

      ~実はkanaさんの影響かなり大きいです!

      ????
      なんか言ったっけ?^^;
      知らない間に御大層なことをぬかしたのでしょうか・・・
      ^^;;;;;
      とっ・・・とりあえず応援してます(^^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。