シトリン Citrine

シトリンとは

シトリンは、11月の誕生石として広く知られています。
アメリカと日本で制定されていますが、他国ではトパーズのみとなっています。
トパーズのイミテーションとして色が似ているこのシトリンを、誕生石として身につけた風習がそのまま根付いたというところがあるようです。

水晶一家ご紹介でお話しましたが、このシトリンは水晶の仲間です。
和名は黄水晶。
名前の由来はレモンを意味するフランス語”citron”です。

シトリン citrine
シトリン citrine

レモン色の秘密

この黄色の色合いは鉄の作用によるもので、天然でこの色が出ているものは非常に少なく、アメジスト・スモーキークォーツに加熱処理をしたもの(若しくは透明の水晶に放射線処理をしたもの)がほとんどです。

写真は天然の色合いのシトリンでブラジル産。
色味は産地によってさまざまです。
同じブラジル産で、”マディラシトリン”と呼ばれるものがあります。
独特の色味を持つその石は、リオグランデ・ド・スル州で取れます。
この色が、マディラ島のシェリー酒にそっくりな色!
そこでこの名前がついたそうです。

シトリンの意味 いわれ

中世ヨーロッパでこのシトリンは、トパーズと呼ばれていた時代がありました。
その名残で”シトリントパーズ”と呼ばれるそうです。

この石を調べていると、必ず出てくるキーワードがあります。
”太陽”
”幸福”
太陽を象徴し、商売繁栄と富の石として古くから大切にされていた石です。

心の暗い部分に光を当てて温かく癒し、固まってしまった心を活性化し、前向きな考え方をサポートするといわれています。

この石を持つとレモンといわれる由縁か、爽やかな気持ちになります。
蜂蜜のようなとろっとした感覚が、視覚から得られます。
この石は特に視神経の働きを高める効果があるといわれています。

トータル的に心身のバランスをとる作用が強く、心のバランス・体のバランスそれぞれに作用します。
過不足なくエネルギーを補充し心も体も共に”健康”な状態を維持する力もあります。
消化吸収に良いとも言われています。

写真にあるシトリンの虹は、クラックから虹がでているもの。
石にとってクラックは欠点と思われがちですが、このクラックが独特の虹を出します。

注意点

長時間の日光は避けてください。
また、熱には気をつけてください。
(女性の方、ブレスなどをつけたままガスなど使わぬように・・・)

壁紙

シトリンの壁紙です。
良かったらお持ち帰りください。
size 2048×1536

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。