クリソコーラ Chrysocolla

クリソコーラ chrysocolla

地球儀みたいなこの石。
でも模様は明らかに地球ではない。
地球と似た、こんな惑星が宇宙の何処かにあるかもしれない。

クリソコーラ とは

和名 珪孔雀石
このクリソコーラは銅鉱床の二次鉱物です。
同じ銅鉱床からできる二次鉱物は、

などがあります。

産出地 産状

日本でも秋田の尾去沢鉱山等銅を含む鉱山で産出されます。

この石は硬く形になる前に、二酸化ケイ素・水・銅を含むゼリー状になり固形化するそうです。
単体ではとても柔らかく、硬度は2~4。
しかし、他の鉱物を含むことで塊となります。(樹脂などで加工されたものも出回っています。)

ジェムシリカ

石英が染み込み固まったものは”ジェムシリカ”、若しくは”クリソコラクォーツ“と呼ばれ、硬度は石英の硬度である7となり、アクセサリー等に加工されとても人気があります。
石英以外にも、玉髄やオパールの場合もあります。

名前の由来

名前の由来は、ギリシャ語の”chryso”(金)”kolla”(蝋・ニカワ)です。
宝石師がこの石を使って金をつないでいたとも、銅の鉱石の中から金を取り出す際、二次鉱物であるこのクリソコーラも対象となり、その様子が語源につながったのではないか?とも考えられています。

クリソコーラの意味 いわれ

石の意味合いは、冷静さを促し穏やかな優しさを授ける石といわれています。
コミュニケーション能力がUPし、結果的に仕事面での成功を呼び寄せると言われています。
マイナスな考え・状況を冷静に受け止め、自身を的確に捉え、その上でプラス思考に導きます。

普通、嫌なことやつらいことがあるとその物事を受け入れることが困難になりますよね。
しかし、それをきちんと受け入れ・分析し、自分を見つけることの大切さに気づかせてくれる石だと思います。
そしてそこから次の行動が思い浮かび、理想の未来へ手を伸ばせるのだと思います。

他に、創造性がUPするとも言われています。
特に美的感覚に良いとされているそうなので、芸術面でのお仕事をされている方はアクセサリーとして身につけると良いとされています。
コミュニケーションに良いとされる石は青い色の石がほとんどがそういわれています。
心のバランスをとったり、また、感が冴えるとも。
意味合いを突き詰めていくと、石と色についての関連は切っても切り離せない関係ですね。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

2件のコメント

  1. あんさんへ
    クリソコーラは店にはないです。
    ごめんなさい!
    この地球儀は私のかなり古いコレクションです。

    マラカイトは私も経験があります。
    研磨の状態がしっかりしていないと表面がプラスチックのような質感になることがあります。
    元気な私ですがありますよ(^^)
    大丈夫(^o^)/
    なぜかときかれるとわかりませんが(^^;

  2. 読み逃げばっかりでごめんなさい。
    うわぁ・・・。( *´艸`)
    すごいね 本当に 大陸があるみたい!
    海の色にも見えるぅ~
    素敵な石だねぇ・・・。(#^.^#)

    最近 ビーズ教室に行ったら やけにこの石に目がいくようになってたの!!
    プリ作る上では 最強・最適な石なんだね!

    kanaさんのショップ 探させてもらったんだけど・・・。
    ないのかな?
    見つけられなかったよぉ~(/ω\)
    この石! 大注目します!!

    ↓記事。
    私 マラカイト持つと必ず 艶があっという間になくなって 綺麗な石がプラスチックみたいになるんだよ・・・。
    やっぱり病気だからかな?
    石が吸い取ってくれてるのかな?
    他の石も 特に ブルレースアゲートとかどんどん透明になってくるんだけど・・・。
    綺麗になってるから いいのかな?

    ビーズの先生に聞いても よくわからないって言われるし・・・。
    なじぇかしらん????(。´・ω・)?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。