シャモサイト chamosite

荒川鉱山 緑水晶

シャモサイト chamosite とは

写真は、秋田県仙北郡協和町荒川鉱山の緑水晶です。
この緑色は緑泥石グループの一つ、和名シャモス石です。

産状 産出地

この石は、色々な岩石から産出されます。
例えば荒川鉱山の場合は熱水鉱脈からの産出となります。
他に主だった産出場所は堆積岩の鉄岩や、魚卵状シャモサイト(細かい丸い粒々状)になって産出されます。
他に、海底の粘土などからも産出されます。

板状・偽六角板状・偽菱面体状の結晶も見られますが、とても稀で、ほとんどが塊や土のような状態です。

日本以外の産出地は、フランス・ポーランド・チェコ・ドイツ・アメリカ・スイスなどがあります。

基礎データ

化学組成 珪酸塩鉱物 (フィロケイ酸塩鉱物)(Fe2+,Fe3+,Mg)5Al(Si3Al)O10(OH,O)8
緑色~黒
条痕 薄い緑色
結晶系 単斜晶系
へき開 完全
硬度 2.5~3
比重 3~3.3

シャモサイトの家族

seraphinaite セラフィナイト-クリノクリア-
seraphinaite セラフィナイト-クリノクリア-

化学式より鉄・マグネシウム・マンガンを含みます。
マンガンが多くなるとペナンタイト、マグネシウムが多くなるとクリノクロアとなります。
クリノクロアはパワーストーンで言うところのセラフィナイトのことです。
その見た目からのネーミングで、研磨すると天使がはねを広げた様な緑と白の美しい模様となるということからのようです。
※参考1 クロライト
※参考2 こちらに緑水晶の壁紙おいてあります。→国産鉱物壁紙

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。