アラゴナイト Aragonite

アラゴナイト aragonite Tazouta Morocco

アラゴナイト 霰石 とは

和名 霰石(あられ石)

この石はいろいろな色があります。
無色・白・黄・青・ピンク・紫・褐色等。

形状もさまざまで、岩の間になぜ珊瑚?と思う珊瑚そっくりな”山珊瑚”
霰に似た豆粒状のもので”豆石”
針状や柱状、繊維状のものなど。

この石は斜方晶系ですが、この結晶が3つ集まって双晶をなし六角柱状になるものもあります。
透明のものもあれば不透明なものもあり、多種多様です。

硬度は3.5~4。
へき開は明瞭。

名前の由来

この石の名前の由来ですが、英名”アラゴナイト”は、最初に発見されたのがスペインのアラゴン地方にちなんで名づけられました。
和名の”霰石”は江戸時代に長野県で豆粒のような石が産出した際、霰に似ていたので霰石と呼んでいました。
時代は進み明治時代になり、霰に似た石はアラゴナイトだ!ということになったのですが、更にまたその後、霰石と呼ばれていた石はアラゴナイトではなく、カルサイトだったことが判明。
しかし、以前から霰石と呼んでいた名残で、和名は霰石となったそうです。

同質三像

このアラゴナイトは、

と同質三像です。

同質異像(多形)とは、化学組成が同じで結晶構造が異なる(原子の配置が異なっている)もの。
圧力や温度など、石が作られるときのちょっとした変化によって、どの石になるか決定される性質を持ちます。
3種類の鉱物が同質異像の関係になると、同質三像といいます。
(同質異像で説明がなされていることも多いです。)

バテライト vaterite ファーテライト ファーテル石

このバテライト(vaterite)ですが、ファーテライト・ファーテル石とも言います。
調べたところ、1911年に人工的に作られたその後、アイルランド北部で天然のものが産出されたそうです。
かなり不安定な為、自然界ではほとんど産出はされないそうです。
人工的に生産された目的は、炭酸カルシウムの原料開発だったのでしょうか?
炭酸カルシウムというと、校庭に線を引く石灰や鍾乳洞、コンクリートや鉄鋼、そして歯医者さんで使う石膏。
身近にたくさん使われていますね。

仮晶

多形ということは、アラゴナイト仮晶のカルサイトとなっているケースもあります。

というとわかり難いですが、もともとアラゴナイトだったけれど、カルサイトになってしまった。
その際、形はアラゴナイトのままでカルサイトになっていることです。
●●仮晶の○○という言い方をします。(もしくは●●仮晶)
●●はもとの鉱物で、○○は置き換わった鉱物を言います。

※仮晶とは、とある鉱物が結晶した形を残したまま、中身が別の鉱物に置き換わってしまうこと。
ちなみに、多形の場合は仮晶が考えられます。

仮晶の発生原因
  • 多形の関係にある鉱物同士が温度や圧力の変化などにより入れ替わる場合
  • 鉱物が化学反応を起こして似た組成の鉱物となったり一部の成分が取り残された場合
  • 鉱物が溶け去った後の空間を別の鉱物が埋める場合

(出典 wikipedia)

の3つがあります。

アラゴナイトの意味 いわれ

アラゴナイトは癒し石。
柔らかで温かい輝きが、心身の疲れをほぐしてくれます。
仕事が忙しく休む暇がなくぐったりしている時や、緊張の連続で心が萎縮してしまっているとき等が効果が出ると思います。
基盤を意識させ、地に足のついていない状態から大地に足をつけ、心の基準となる自分らしさを取り戻してくれます。
一言で言うなら、”落ち着く”石です。
その結果、心身のバランスが整い、集中力がUPし、自分の能力をきちんと発揮できるよう自分に自身を持つことができるようになるといわれています。
いうなれば・・
一日が終わってホッと一息つく時。
ONの状態からOFFへ移行する時間の相棒。
そんな感じでしょうか。
気分がなんとなく沈んでいる時や、人間関係でなかなか自分らしさを伝えられない(誤解や偏見を受けやすいと感じる)場合にも、優しく包みこみ大らかな気持ちにしてくれます。
そして、どうすればいいか?
自分自身で出した答えを実行することをサポートしてくれるでしょう。
基本、前向き。
大らかという言葉がこの石のポイントです。

注意点

柔らかいので取り扱いは気をつけてください。
塩素を含んだ水で損傷することがあるとのこと。
洗浄の場合は蒸留水での洗浄がよいとのことです。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。