アンバー amber

アンバー amber 岩手県久慈市産出

琥珀 アンバーとは

人気の高い琥珀、琥珀は化石です。
鉱物ではなく有機質
サンゴや真珠も有機質ですね。
同じ有機質の仲間でも、この琥珀は植物がもととなっています。
そして同じ植物由来でジェット(黒玉)もあります。

琥珀の中のなにか

琥珀の場合、琥珀の中になにか入っている物は価値が上がります。
虫入りアンバーは、樹液に巻き込まれてしまった虫たちが動けなくなりそのまま中に閉じこめられてしまった物です。
一般的に石の中に何かが入ってしまっている宝石は、インクルージョンと呼ばれ価値が下がる傾向がありますが、琥珀は逆です。
それは、その琥珀が作られた時期にその場所に存在していた植物や木などが入っているためです。
なかには絶滅種が入っている場合もあります。
現在、これらのものは研究対象として扱われているものも多くあり、その時代を知る手がかりたるものです。

琥珀ができるまで

それでは琥珀ができるまでの過程です。
ずっとずっと昔、数千万年~数億年も前のこと。
木が生い茂る大地がありました。
その木々から樹液が溢れ、その樹液は土にうもれて化石化します。
もしくは、洪水などが襲い水によって運ばれて泥と共に海や川に堆積し、いつしか長い年月を経てその部分が地殻変動や侵食によって地表に現れます。

では樹液というからには、どんな木から出た樹液でしょう。
一般的には松や杉である針葉樹と言われています。
実際には広葉樹などもあるそうで、かなり幅が広いそうです。
できた年代や産地によってももちろん違うと思います。

名前の由来

アンバーという名前は、アラビア語で”竜涎香(リュウゼンコウ)”もしくは”香気を放つ”の意味の”anber”が変化したものという説があります。

竜涎香あるいはアンバーグリスとはマッコウクジラの腸内に発生する結石であり、香料の一種である。
wiki 竜涎香

どんな匂いなんでしょうね。
(お寺で使うお香のような匂いと聞いたことあります。)

ちなみに、この琥珀は燃やすととても良い香りがします。
暖炉で燃やす国もあるようです。

また、アンバーという名前のもうひとつの説として、古代アラビア語で”アンバール”→”海に漂うもの”という説も見つけました。
嵐のあとにうちあげられる石であったことからとの事です。

また”琥珀”という和名は、”虎死して、則ち精魂地に入りて石と為る。それすなわち琥珀なり。”という中国の古い時代(漢との説があります。)の書物が由来とのことです。

 

琥珀の比重

海に打ち上げられる琥珀を”シーアンバー”、陸から取れる琥珀を”ピットアンバー”というそうです。
持ってみるとわかりますが、めちゃくちゃ軽い。
比重です。
比重とは、同じ体積の水を1とした時のその石の重さ。
なので、同じ大きさでも重さが違う事を言います。
琥珀の比重は、1.05~1.30
(かなりばらつきがありますが通常は1.05~1.09だそうです。)
海水の比重は1.01~1.03程。
鉱物の比重の殆どは2~4の間が多いので、他と比べても圧倒的に軽いものと考えられます。
かなり軽いため水の中に琥珀があった場合、かなり遠い所まで運ばれると考えられます。

コーパル

コーパルという名前を聞いたことがありますか?
コーパルとは、まだ日が浅い、若い化石のことを言います。
表面がぺたぺたしていて、低温の加熱で溶けてしまいます。
数千万年前の琥珀と数万年前のコーパルは区別されています。
ちなみに、このコーパルは完全に食塩水に浮くそうです。
溶けるとお話ししましたが、琥珀を熱で溶かして固めたものをアンブロイドと呼ぶそうです。

琥珀の偽物

また、この琥珀の偽物としては、持った感じが軽いこともあって、プラスチックやガラス・合成樹脂のものもあります。
食塩水に浮かべると完全に浮くのはコーパル・ほぼ釣り合うのは琥珀・沈むのは偽物となります。
本物か偽物か見分けるには、燃やすという手もあります。
いい香りがするかどうか。
でもこれはあまりやりたくないですね・・・。

ちなみに、琥珀をこすると静電気が起きるため、”elekrton”→”エレクルトン”と呼ばれ”電子”の語源になったとのことです。

産出地

バルト海沿岸
ロシア・ポーランド・イギリス・ノルウェイなどで、海にうちあげられます。
レッドアンバー(赤い琥珀)があります。
ドミニカ共和国
ブルーアンバー(青い琥珀)があります。
虫入り琥珀が沢山産出される場所です。
日本
→岩手県久慈市
日本で唯一の琥珀博物館があります。
岩手といえば、宮沢賢治も琥珀が大好きです。
そしてこの地域では琥珀のことを”燻陸香(クンノコ)”と呼び、香料や蚊避けに使っていたそうです。
→福島県いわき市・千葉県銚子市
小さい原石を中心に産出するそうです。

※琥珀の色は厳密には250種類ほどあるそうです。
※他の産地もありますが、記述したところが有名所です。

琥珀はどれくらい前のもの?

そして産出される琥珀の古さですが、以下古い順に並べます。

  • 千葉県銚子産(1億年前)
  • 岩手県久慈市(8500~9000万年前)
  • 福島県いわき市(久慈市とほぼ同世代)
  • バルト海沿岸(4000~5000万年前)
  • ドミニカ共和国(2400~3800万年前)

となるそう。
イギリスで3億年前の琥珀が発見されたそうです。
悠久のロマンですね。

琥珀の用途

琥珀の用途は色々あります。

油・塗料・薬等とありました。
この油と塗料とは具体的にどのような・どのように使うのか私は全くわからないのですが、どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください!
琥珀油って聞いたことはあるけれど、どんなものでどういうときに使うものなんでしょう。
塗料って・・・ニカワっぽいのでしょうか。

薬としてですが、漢方として使われていたようです。
鎮静・利水・古血を除き、不眠・血尿(結石)・腹痛等に使用するとありました。
鎮静作用と利尿作用があり、うっ血した血を流す作用があるということですね。
使用には粉にするそうです。
(うっ血とは、何かの原因で流れるべき血液が停滞してしまっている血のことをいいます。
停滞してしまうと酸素を取り入れられなくなるので、要は、悪い血です。)

奈良の正倉院平螺鈿背八角鏡(ヘイラデンハイハッカクキョウ)という宝物があります。(リンク先(wiki)で写真が見れます。)
鏡の裏側に、※螺鈿(ラデン)と琥珀で花や蝶がデザインされたものです。
(※ 貝の光る部分をみがいて薄くしたもの。)

琥珀の意味 いわれ

さて意味合いですが・・・
先ほど、漢方で使われるとお話ししましたが、沈静→心のバランスを取る・高ぶった感情を落ち着かせるとの意味合いが多く見られます。
また同じく薬として使われていたことから長寿・健康に効果があると言われて、流産防止にもよいとされています。
(古血を除くとのことからもあるのかもしれません。)
風水では金運を呼ぶとされています。
色合いがきれいな黄金色ですよね。

注意点

そしてこの琥珀、爪で傷がつくほど柔らかい。
硬度は2~2.5。
取り扱い厳重注意・落とすことはもっての外です。
ブレスレッド・指輪は気をつけてください。
そして熱にも気をつけてください。
通常は150度ほどで軟化するそうですが、ストーブの前に置きっぱなしなど、危険です。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

2件のコメント

  1. 琥珀・・・。
    何とも言えない綺麗な色だねぇ。
    子どもの頃 琥珀のできるまでって本読んで えらく衝撃受けた記憶があるなぁ・・・。
    恐竜がいた時代の不思議を教えてくれるカプセルなんだなぁって思った。

    大人になって琥珀を見るたび 当時の絵が頭の中によみがえるなぁ・・・。

    あっ そうそう!
    私「純露」って飴みると 必ず琥珀を思い出すのだけど・・・。
    だからかな?
    琥珀みると 口の中 甘く感じたりもしたりして・・・。

    1. あんさんへ

      琥珀って、ほんとタイムカプセルだよね(^^)
      純露!しってるぅ~(笑)
      うんうんわかる☆
      あんまり見かけないね。
      あぁ、久々に食べたくなってきた!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。