アゲート Agate

アゲート(メノウ)

アゲートとは

水晶ファミリーの一員で、半透明の縞模様がある石を アゲート と呼びます。
日本では縞模様があるかないかに関わらず、メノウ・瑪瑙としています。
石英の小さな結晶が集まって塊になっているものです。

この石は着色処理がしやすく、さまざまな色に着色されて販売されています。
きちんと処理が行われているものは退色はありません。

着色技術

着色・研磨技術で有名なのはドイツのイーダー・オーバーシュタインが知られています。
(アゲートに限らず、宝石マイスターの街です。)

日本では、江戸時代は若狭(福井県)の遠敷で。
今でも伝統工芸品として販売されています。

江戸末期から明治初期にかけ、山梨県甲府でさかんになったそうです。
甲府は今でも加工地として有名です。

アゲートの意味 いわれ

アゲートの名前の由来は、イタリアのシチリア島の古い川の名前で”アカテス”から”アケート”そして”Agate”となったそうです。
日本の名前の”メノウ”は、産出の際に腎臓状で馬の脳に良く似ていたためということが由来だそうです。

この石のいわれを調べていくと、ちょっと変わったものが出てきました。

古代ペルシャではこの石を焼いた煙が、台風や竜巻の進路を変え、川の流れを止めると信じられていたそう。
また、ヨーロッパでは、この石に紐を付けて海に投げこみ、その石を探しに潜ると石の横に真珠があると言われています。
アゲートは、真珠を探すといわれていたそうです。
中国では、七宝の一つです。
そして日本では、日本書紀に白いメノウが朝廷に謙譲されたとされる記述があるそうです。

この石は、足りないところをたし、多すぎるところをそぎ落としてくれる石。
結果としてバランスをとり、安定させる力があります。
病気から身を守り、長寿をもたらす。
緊張を解いてリラックスさせる。
家族の絆を強める。
人間関係において、とても良いとされています。

古代より皮膚病やその痒み・血管の衰え・蜘蛛やサソリの毒を消すといわれていたそうです。
毒を消すということからか、マイナスな考えを取り除き、浄化作用が強いといわれています。
お腹の上に置くと、胃炎に良いそうです。

注意点

紫外線の影響で退色する事があります。
保管は気を付けてください。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。