石の基礎知識 鉱物が割れるとき へき開 裂開 断口

へき開 裂開 断口

へき開

ハンマーなどで衝撃を加えると、ある一定の方向で割れたり、板のように薄くはがれたりする場合があります。
原子の結合が部分的に弱くなっているところに沿って、ぱかっと割れます。
それをへき開といいます。
へき開で割れた面(へき開面)は平面です。
更に、原子の結合が弱くなっているところが割れるため、結晶面に対して平行・直角・斜方向の割れ方となります。
へき開は、ある鉱物とない鉱物があります。

へき開の程度

完全
へき開に沿って割ると、なめらかな面が出現し他の方向には割れにくい。
良好
へき開に沿って割れるが、それとほぼ直角な方向にも割れる。
明瞭
へき開によって割れるが、他の方向にも割れやすく、断口が現れる。
不明瞭
簡単に割れ、注意してみないと壁開が判別できない。
なし
へき開がない。

の区分があります。
この記載なのですが、これ以外にも色々な記載があります。
完全 明瞭または良好 不明瞭または不完全 なし
また、割れる方向を記載する場合もあり、方解石(カルサイト)は理科で登場する、”マッチ箱をつぶしたようなひし形”は、
3方向に完全、白雲母は1方向に完全
と記載されたりします。
色々な記載方法がありますが、上記の例を参考にしてみてください。

フローライト fluorite
フローライト fluorite

蛍石のへき開で割れたものです。

裂開

擬へき開ともいわれ、本来はへき開を示さない鉱物であるにもかかわらず、特定の方向に割れる性質をいいます。
これは繰り返し双晶・内包物の関係・成長時にできた欠陥等によってできるものです。
へき開割れの場合、細かく何度も同じ方向に割れていくことがありますが、裂開の場合はありません。

断口

へき開・裂開以外に割れた面を断口といいます。
割れた面は不規則で不平滑です。

貝殻状
花十勝 黒曜石
花十勝 黒曜石 北海道紋別郡白滝産

二枚貝の殻に似ている形→黒曜石、水晶等
細い線がたくさん入っていて、2枚貝の表面に似ています。

平坦状
多少の凹凸はあるが、全体的にほとんど平らな面をしている形。→石炭、硬石膏等
不平坦
不規則で凸凹の多いギザギザの割れ口。→クリソコーラ等
鋸刃状(不平坦状)
不規則で凹凸の多い割れ口。→硬マンガン鉱、硫黄等
針状
針の先端を無数に並べたように小さな突起。→自然銅、自然金等
土状
ボーキサイト インドネシア産
ボーキサイト(アルミニウムの原料) インドネシア産

土の塊が割れたような形。→ボーキサイト等

多片状
白雲母 ムスコバイト
白雲母 ムスコバイト 福島県 石川町

板を踏んで割った時のように片状の突起が不規則にみられるもの。→雲母、ヘマタイトなど

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。