石の基礎知識 石の呼び名の違い 鉱物 鉱石 岩石 宝石

鉱物 鉱石 岩石 宝石

以下にあげた言葉は、どれも石をさす言葉には変わりませんが微妙な違いがあります。
本などを読む時、解っておいたほうが理解が早いと思います。
原子<分子<鉱物<岩石<地層となります。

そういえば・・・
一番耳にすることが多い水晶。
鉱物名は石英。
水晶とは石英の結晶で透明で綺麗なもの。
そして科学的な呼び方をすれば、二酸化珪素となり、組成式はSiO2
また、別名は”シリカ”と呼ばれます。
なんだかややこしいですが、これも覚えておくと便利です。

鉱物(mineralミネラル)とは

~原子が規則正しく並び、全体が均質的な天然産の無機物~
→混じりけがなく、どこを見ても同じ成分でできており生命反応のない天然物。

たとえば石英や長石をさします。
鉱物標本に登場する面々です。
地球を作っている基本単位でもあります。
その数は、4200種といわれています。
毎年新しい鉱物が認定され、増え続けています。

鉱石とは

金鉱 伊豆産
金鉱 伊豆産

~鉱業用の採掘の対象となる鉱物や岩石~
→たとえば、金が混じっている石があるとします。
その金を取り出すと、利益がありますよね。
その”利益”がでる石のことを鉱石といいます。
金鉱は製錬して金を取ります。

岩石とは

→いくつかの鉱物が組み合わさってできた石。
たとえば花崗岩(カコウガン)・玄武岩(ゲンブガン)などがあります。

花崗岩
花崗岩 茨城県稲田産

花崗岩 石英・黒雲母・長石などが主成分です。

玄武岩
玄武岩 兵庫県 豊岡市産

玄武岩 輝石・かんらん石などが主成分です。

宝石とは

→鉱物の中で、きれいで装飾品になる鉱物

余談

私が小学生の時に購入した標本が、まだ手元にあるんです。
写真は、その標本から写真を撮りました。
これです。

ネンキモノとなってます。
よくよく見ましたら、箱に書いてありました。
”S58.7.22 上野 博物館にて”
間違いなく小学生の時の私の字です。
・・・歳ばれるって^^;

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。