プリニウスの博物誌について

プリニウスの博物誌

プリニウス(23~79年→古代ローマ時代)が書いた”博物誌”
天文・地文・気象・地理・人種・人類とその発明・動物・植物・農業・造林・金属・絵画と顔料・岩石・宝石など生活に結びついたあらゆる分野を取り扱い、人類初の百科事典と言われます。
この中で、第33巻(金属の性質)・第34巻(銅)・第36巻(石の性質)・第37巻(宝石)が鉱物関連の記述です。
ここに書かれている石の話をしたいと思います。
かなりゆっくりペースで増えると思いますので、よろしくお付き合いください。

ちらりとのぞいてみたい方は、図書館に行ってみてください。
私も図書館で100ページ以上コピーしてきました!
(かなり分厚い3巻セットで貸出禁止の棚にありました。コピーはOKでした。)

古代ローマ時代に、自分で見た・人から聞いた・本で読んだ内容を基に、プリニウスさんの個人的意見が延々書かれた本なので、ふきだしてしてしまうような内容もあります。
石についての記載も、?がたくさん!

この本、かなりとっつきにくいので、こちらを先に読まれると興味が湧くと思います。
私のプリニウス 澁澤 龍彦(著)
プリニウスの面白さ、満載です。

広告
TENDER TIME
小さい頃から石が好き。 そのまま大人になりました。 鉱物についてのブログを書き始めて、気がつけばいしのみせ TENDER TIMEの主となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。